ロッカールーム blog

がんばったあとは、ここでウダウダ!!

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
セレッソ大阪 vs 横浜Fマリノス
昨夜、今シーズンはじめてキンチョースタジアムで
サッカーを観戦しました。

ゲーム自体は、前半にセレッソの上本が退場してしまい、
イマイチ盛り上がりもなく終始した感じでした。

しかも、あと10分耐えたら『勝利に近い引き分け』になる
ところで、マリノスにきれいなゴールを決められてしまい、
残念な結果に。

でも、やっぱりライブはいいですね。
ビールは美味いですし。
もう少し気温が高かったらもっと美味しかったかな!?

終わった後のJR長居駅前の中華料理屋さんの
餃子も絶品で、久しぶりにビールを大量に飲んで
しまいました。。


2011年Jリーグプレイヤーズ名鑑 (NIKKAN SPORTS GRAPH)
4817255072
| サッカー | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
バルサもミランも・・・
顔ぶれを見てると、何点とってもおかしくないのに、
動きがイマイチですね。
長いシーズンが始まったばっかりで、開幕に調子の
ピークをもってくることはないのでしょうが、
少々心配です。

しかし、ジェノアはよかったです。
ディエゴ・ミリートは早速ジャストフィットして
いい感じです。
| サッカー | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミラン、バルサ、マドリー
セリエAとリーガ・エスパニョーラが開幕しまして、
早速、何試合か観ました。

ロナウジーニョが移籍したのでミランを観て、
いつものようにバルサを観て、
リアソールでデポルに勝てないマドリーを観て、

とりあえず3チームとも負けてしまい、
びっくりしましたが、ある意味、今シーズンも
楽しくなりそうな予感です。

ちなみに、わがベティスも負けたみたい。。。
| サッカー | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
オリンピックのサッカー その3
準決勝、アルゼンチンとブラジルの試合はやっぱり面白かった。
終始アルゼンチンのペースで、点差もついたのですが、見所が
たくさんありました。

後半に入り、若干スタイルを変えたアグエロが、メッシをおとり
に使い、義父になるマラドーナの前で3得点したこと。

PKを決めた後、満面の笑顔でメッシを抱きしめていたリケルメ。

さすがに以前の切れは戻っていないが、それでもディフェンダーに
囲まれながらドリブル突破を挑んだロナウジーニョ。

ラファエル・ソビスの体力温存を考えないダイナモプレー。

試合後、長々と抱き合っていたロナウジーニョとメッシ。

諸々。。。

想い出に残る1試合でした。 次は決勝戦だ!!
| サッカー | 07:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
オリンピックのサッカー その2
オリンピックの男子サッカー予選、ナイジェリア戦。
今日は仕事も休みだったのでゆっくり見ました。

残念ながら負けてしまい、先日のアメリカ戦に続いて
2敗となり予選突破の可能性は無くなりました。

たしかに身体的能力の差は感じましたが、チャンスも
たくさんつくっていたし、内容としてそんなには負け
てなかったように思います。
少し勇気が足りなかった気はしますが・・・。

この悔しさは、がんばってA代表入りして、2年後
南アフリカで返して欲しいもんです。
| サッカー | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
オリンピックのサッカー
突発で出張に行くことになって、帰りが遅くなってしま
い、サッカー日本対アメリカを見ることが出来なかった。
試合時間中はずっと新幹線の中でした。

帰宅後、ニュースを見ると、日本の方がポゼッションが高く
終始押していたとのこと。残念ながら「1点」が入らなかった
ようですが。。。
12時からBSでの再放送を見るか悩み中です。

それにしても日本戦しかテレビ放送がないのはちょっと寂
しいです。個人的な好みで言うと、ブラジルとアルゼンチ
ンはやっぱり見たい。

メッシは得点をあげたようですが、ロナウジーニョは活躍
したのでしょうか?一応フル出場はしたようですが、気に
なってしかたがありません。

予選は我慢するしかないですかね・・・。
| サッカー | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
バルセロナ vs バレンシア
前節、苦手な『堅守速攻』アトレチコに敗れたバルサ。第4節は『堅守速攻』のパイオニア、バレンシアをカンプノウに迎えての対戦です。
昨シーズンのバルサは、敗れても次のゲームでは体勢を立て直し、必ず勝利をものにしていましたが、バレンシアもカンプノウでは00−01の最終節以来負けていないらしい。

前半、お互いディフェンスに重点を置いたのか、ただ単に攻め切れなかったのか、0−0のままハーフタイムかと思ったとき、エトォーの絶妙のスルーパスからジュリのドリブルシュートが決まりました。全くいい時間帯に得点でき、今日の勝利はかたいとハーフタイムに機嫌良くカニサレスのインタビューなんかを聞いたりしていました。

でも、サッカーは恐ろしい。
サラゴサからバレンシアへ移籍したフォワードのビジャがやたら元気で、バルサのディフェンス陣を困らせます。後半8分、エジミウソンがペナルティエリア内でそのビジャをこかしてしまいPKを取られます。私の目にはビジャが勝手に転んだように見えたんですけど。。。
しまいに、その1分後、キーパーのビクトル・バルデスのクリアボールがプレスを掛けに来ていた、そのビジャに当たってボールはそのままゴールへ。。。

その後、バレンシアもキーパーのカニサレスがボールをこぼしてしまい、それをデコが落ち着いて決め、なんとか同点に追いつきましたが、バルサ、軽くヤバいです。。。
| サッカー | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
Aマドリー vs バルセロナ
あれほど強かった昨シーズンのバルサが勝てなかった、アトレチコ。
大体この手の『堅守速攻』タイプのチームに、バルサは滅法弱いんですよねー!?

ゲームが始まると、アトレチコは、やっぱり守ってカウンターに徹します。ただ、昨シーズン、フェルナンド・トーレスの飛び出しだけが武器だったのに対し、新加入のケジュマン、マルティン・ペトロフ、マキシ・ロドリゲスがそのカウンターアタックに参加してきます。かなり強烈です。

対するバルサも、ロナウジーニョの右サイドへのロングパスを、ジュリがエトォーにつなぎ先制点をあげ、なんとか一息つきます。これで、バルサのペースになるだろうと思ったんですが。。。

アトレチコのカウンターアタックはそれ以上に凄まじかった!
速い、強い、正確。三拍子そろっていました。まるで、イングランドの青いチームみたいです。
特に凄かったのが、マルティン・ペトロフの左サイドからの突破です。サイドバックに入っていた、オレゲールは終始振り回されっぱなしでかわいそうなくらいでした。
プジョル、エジミウソンのセンターバックも崩されまくりでボロボロ。。。

と言う訳で、みごと完敗ですた。
とりあえず、今日の負けは良しとして、これから対戦する他のチームも、『堅守速攻』を狙ってくるんでしょうねー!?今シーズンは・・・。
| サッカー | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
ディフェンス、ボロボロ!?
今日はサッカーの練習日だったんですが、一昨日の夜、知り合い(飲み友達!?)のチームに急遽試合を申し込んで頂いたので、練習試合をしてきました。
攻撃陣の欠席者が多いのは気になりましたが、混成軍ながら、メンバーも集まり、楽しめそうな雰囲気で始まりました。

始まってみると、あまり心配していなかったディフェンスラインがぐちゃぐちゃで、『ザル』状態です。これはマズいと、メンバーを入れ替えたり、フォーメーションを変えたりしてみましたが、結局バラバラです。

得点が取れなかったのは、(今日のところは)仕方ないと思いますが、ディフェンスがひどいとゲーム自体がぶっ壊れてしまい、自分達も面白くなかったですし、相手チームにもつまらない思いをさせてしまったと反省しています。
| サッカー | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブレーメン vs バルセロナ
バルセロナのチャンピオンズリーグ初戦の相手は、ドイツのヴェルダー・ブレーメン。
とにかくでかいです。バルサのメンバーはたしかに、どちらかと言えば小柄な選手が多いんですが、それにしても、この身長差はひどすぎます。
そして、見ての通り、フィジカルがメチャクチャ強くて、カラダを入れられると、バルサのボール回しもおぼつかない状況になっていました。
守備にも自信があるのか、バルサ相手にセンターサークル付近までディフェンスラインを押し上げる積極性を見せます。

前半15分、デコの得意な敵に当ててのゴールが決まり、先制してから前半終了まで、完全にブレーメンに主導権奪われてしまいます。何度も何度も繰り返しゴールを脅かされますが、運良く(?)得点を奪われることなく前半を乗り切ります。

後半に入り、少々落ち着きを取り戻したバルサは、徐々に主導権を引き寄せ、期待の若手メッシーが投入されるころには、完全にバルサのペースになっていました。

ヴェルダー・ブレーメン。強敵ではありましたが、危なげなく下し、ビックイヤー獲得への第一歩目を踏み出しました!?
| サッカー | 11:43 | comments(0) | trackbacks(1) |
このページの先頭へ